【良い業者には基準がある】葬儀社選びのコツ!

葬儀社選びは親孝行の一つ!最高の業者を選ぼう

葬儀のことを考える歳になった・・・

日本の家庭環境は、両親と一緒に住んでいる2世代家族、夫婦や親子のみで住んでいる核家族という種類の環境があります。その環境でも共通して言える問題が「両親の葬儀」です。最後にふさわしい葬儀を挙げるためにも専門業者の選び方をしっかりマスターしておきましょう!

葬儀の種類ランキング

no.1

一般葬

家族や親族はもちろん、友人や仕事関係の方などが参列してくれる葬儀です。一番ポピュラーな葬儀の種類です。故人の交友関係が見れるので、とても人気のある葬儀スタイルです。

no.2

家族葬

現代の家庭環境で多くなった葬儀の種類が家族葬です。内容としては葬儀には変わりないのですが、参列してくれる方がか家族や親族、または仲が良い友人のみといったように参列者の範囲を選べます。そのため、遺族の香典返しなどの負担が軽減されることの他に、費用も抑えられるので人気を上げているのです。

no.3

直葬

直葬と聞いてピンと来る方は少ないでしょう。直葬とはお通夜や告別式などの儀式を行なわず、火葬のみ行う葬儀の種類です。この葬儀のメリットは一つ。費用が掛からないという点です。儀式を省くことで費用が抑えられるため、費用重視、家族でゆっくりお見送りしたいという家庭ならコチラがオススメ。

no.4

自宅葬

自宅葬というのが家族葬と基本一緒です。ですが式場を借りて行う葬式ではなく、慣れ親しんだ自宅で行う葬儀を言います。故人がリラックスできるであろうという優しさで選ばれる方が多いです。

no.5

自由葬

音楽好きなので、葬儀で好きなアーティストの曲を流したり、お別れ会として、友人や知人などを集めて行う式を言います。こういった葬儀を自由葬と言います。もし自由葬が希望なら業者に相談しましょう。

【良い業者には基準がある】葬儀社選びのコツ!

葬式

良い葬儀業者って?

奈良には良い葬儀業者がたくさんあると言われています。その理由としては、良い業者の基本となることを行なっている葬儀社が多いからです。その良い業者の基本というのは「対応力」です。対応力を大まかに説明すると、コミニュケーションや提案を丁寧に行ってくれることを言います。、依頼から完了までの一連の流れを丁寧に行ってくれる業者はどんな職種でも関係ありません。対応力の高い葬儀業者を選ぶことで故人やご遺族にとっても思い出深い式になることでしょう。

逆に悪い業者について知りたい!

上記にある対応力のある業者は、とても良いと理解したと思います。でも中には、あまりよろしくない業者も多々あります。よろしくない業者というのは、予算に対して最大限の提案をしてくれない、人間味のない事務的な対応です。この2つの基準は結果「対応力」に繋がります。対応力の少ない業者を選ばない方法としては、電話や店舗で、会話した時に喋る内容や態度を見ます。喋る内容が事務的で心がこもっていない、それに態度もムスッとしていると良い印象はありません。そういった点をチェックして最良の業者を探してください。

葬儀は親の卒業式

綺麗な式服を来て、新しいランドセル、それに新品の靴を履いた時のことを思い出して下さい。それは両親が貴方へ行った愛情の形です。それに大きく育ってくれてありがとうの意味も含まれています。そんな両親への最後してあげられる葬式は、まさに「親の卒業式」です。今まで育ててくれてありがとうという大きな感謝を伝えるためには良い葬儀業者選んでくださいね。

広告募集中