葬儀は事前準備が大事!

良い葬儀業者は横浜・奈良・門真に多くいると言われています。良い業者を選んだ方が得策ですが、その前に葬儀の事前準備を検討した方が残された遺族にとって、とても葬儀の労力も軽減することができます。その内容について下記で説明していますよ。

遺族が準備する5つの物!

遺影の写真

遺影は葬儀には欠かせない物です。生前の元気だった故人を思い出すこともできるからです。しかし、たくさんの方が見る遺影写真なので、良い写真を決めてください。一生残る写真なので、適当な写真はだめです。一番は元気なうちに遺影の写真撮影を行なっておくことをオススメします。

故人用の服

故人用の服は白装束なら業者が準備してくれますが、故人が好きだった服を着させたいと思うなら遺族が準備する必要があります。ただ、金属や燃えにくい素材の場合は業者からストップされるので、何着か候補を絞って業者に確認させることも大事ですよ。

葬儀費用

費用の準備はとても重要です。各プランや業者によって費用は異なるので、費用ピッタリではなく多めに持っておく必要があります。葬儀費用ではない、個人消費が必要な場合にでも多めに持っておくと助かるでしょう。

遺族の喪服

遺族が着る喪服は準備する方法が2種類です。業者からレンタルか個人購入です。ですが業者によってはレンタル不可の場合もあるので、事前確認を徹底することが必要です。

喪主の挨拶文

喪主の挨拶文の作成はとても難しいです。でも、今の時代はネット環境が発展しているので作成で困ったら例文などをネットで検索して作成するのもありですよ。

[PR]葬儀は奈良の専門業者に依頼しよう
質の高いサービスを提供してくれる

[PR]葬式は門真で執り行おう
専任スタッフが最良のプランを提案してくれる

[PR]位牌を手頃な値段で販売しているお店を紹介
質の高い製品が満載☆

[PR]墓石の価格をチェック!
お墓選びをはじめよう

[PR]横浜の葬儀会社を利用
葬祭の特徴を紹介

【葬式の事前準備は大切】エンディングノートについて!

鈴

葬儀を事前に考えるタイミング

命はいつ終わるのかは予測不可能です。それに亡くなった後は悲しむ時間よりも先に「葬式」について考えないといけません。そのため多くの方は、もしもの時のために生前から葬儀を考えて書類やノートにまとめている方も多いです。それをエンディングノートや遺言と言います。相続やお金に関することも生前考えないといけません。それを考えるのは式の対象となる方だけではなく、その家族も一緒に考えることで、より一層良い葬式にすることができますよ。ちなみに奈良や横浜には、多くの方がエンディングノートや遺言を作成していますよ。

エンディングノートには何書けば良いのか?

エンディングノートを作成する場合には、葬儀対象となる方の生年月日や家族構成など、家族に残したい自分の情報を記入しましょう。しかし、エンディングノートは自分で記入する方が多いです。しかし、多くの家庭ではエンディングノートの記載を家族から進められるということがあります。その中でも家族と一緒に記入した方が良いのが葬儀についてです。葬儀方法や参列者範囲などを決めてもらうことで、葬儀の依頼時がとても楽になります。中には、位牌や墓石の価格、葬式に掛かる値段までを決めている家庭も多くいるので、細かく作成するのも良いですよ。

広告募集中